吹き出物の原因

吹き出物・ニキビの原因は?8つの原因を発生メカニズムから優しく解説

更新日:

吹き出物・ニキビができる原因は、毛穴の炎症だけではありませんし、年齢肌の責任だけではありません。

 

そんな年齢なんだ…と諦めていては、いつまでも問題は解決しませんので、ぜひ吹き出物の発生する原因を理解しておきましょう!

 

このサイトで扱う情報は、皮膚科学会や専門医の論文や、皮膚科ドクターの意見を参考にして、わかりやすくまとめていますので、よかったら参考にしてくださいね。

 

吹き出物の原因とは

き出物(ニキビ)の原因は、全部で8つあることがわかっています。

 

最終的には、毛穴が角栓で塞がれることで、中に溜まった皮脂汚れが出口を失い、炎症を起こして吹き出物になってしまいますが、そこにいたるまでには段階があります。

 

その8つの段階、原因を取り除くことができれば、吹き出物の出ない美肌を手に入れることができるというわけですね。

 

吹き出物(ニキビ)が発生する原因にはこの8つの原因があります。

  1. 睡眠不足
  2. ストレスによる自律神経の乱れ
  3. 男性ホルモンの過剰な分泌
  4. 乾燥肌
  5. 皮脂の過剰な分泌
  6. 詰まりやすい毛穴
  7. 原因菌(アクネ・マラセチア)の繁殖
  8. 親からの体質遺伝

それでは、1つずつ詳しく解説していきます。

 

睡眠不足

睡眠不足=睡眠時間が短いと、肌のダメージをケアする時間が短くなります。

 

そして睡眠不足で強いストレスが発生するので、自律神経が乱れてしまいます。

 

自律神経の乱れがどのように吹き出物の発生につながるのかは、この後順番に解説していきますが、現代社会の中で、吹き出物の根本の原因は睡眠不足であることが少なくありません。

 

ストレスによる自律神経の乱れ

普段の生活で強いストレスにさらされると、自律神経のバランスが乱れてしまいます。

 

自律神経のバランスが乱れることで、興奮時や緊張時の状態、つまり交感神経が優位の状態になってしまうんですね。

 

ストレスから自律神経が乱れ、交感神経が働いてしまうと男性ホルモンを過剰に分泌してしまい、ニキビの原因になってしまうんです。

 

男性ホルモンの分泌過剰

男性ホルモンが過剰に分泌すると、肌のバリア機能が低くなり、毛穴を収縮する作用が働きます。

 

また、男性ホルモンには角質の柔軟性を奪ってしまう性質があることがわかっています。

 

つまり毛穴が詰まりやすい男性的な肌質に変化してしまうので、吹き出物・ニキビが発生しやすい土壌が出来上がってしまいます。

 

乾燥肌

男性ホルモンが過剰に分泌されることで、肌の乾燥を誘発してしまいます。

 

顎やほっぺた、口周りのUゾーンは男性ホルモンの影響を受けやすく、Uゾーンから乾燥肌が進行し吹き出物が出やすくなってしまいます。

 

また、乾燥で肌のバリア機能が低下すると、肌表面が皮脂膜を張ろうとするので皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

 

皮脂の過剰な分泌

男性ホルモンにより乾燥肌が進行することで、肌のバリア機能が破壊され、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

 

皮脂が過剰に分泌されることで、もちろん毛穴が詰まりやすくなり、吹き出物の原因となります。

 

詰まりやすい毛穴

吹き出物は皮脂が毛穴に詰まることで炎症を起こし発生します。

 

しかし、実は吹き出物・ニキビになりやすい毛穴というものがあり、ニキビが出やすい毛穴に皮脂が詰まると、炎症で吹き出物になりやすいです。

 

詰まりやすい毛穴の種類は、皮脂を分泌し続けるオイリー毛穴、毛穴が小さい、狹い毛穴も皮脂が詰まりやすいので吹き出物になりやすいですね。

 

原因菌(アクネ・マラセチア)の繁殖

毛穴が詰まることで、毛穴内でアクネ菌やマラセチア菌が繁殖してしまいます。

 

アクネ菌やマラセチア菌は嫌気性で空気に触れない場所で繁殖するので、毛穴の中は絶好の繁殖場所になってしまうんですね。

 

また、毛穴に詰まっている皮脂は原因菌の大好物なので、どんどん繁殖して炎症を起こし、炎症性吹き出物、赤ニキビの原因になります。

 

親からの体質遺伝

吹き出物・ニキビが遺伝することはありませんが、できやすい肌質・できやすい毛穴は遺伝します。

 

だから親が肌質や毛穴が原因で吹き出物の出やすい人物なら、その子供が肌質や毛穴を受け継げば、ニキビができやすくなってしまいます。

 

 

吹き出物が発生するメカニズム

吹き出物 化粧水

それでは、原因を知った上で、吹き出物・ニキビが発生するメカニズムを勉強しましょう。

 

吹き出物ができるメカニズム、順番は以下のとおりです。

  1. 毛穴の中で古い角質とタンパク質が混ざり角栓ができる。
  2. 角栓で毛穴の出口が塞がれてしまう。
  3. 分泌された皮脂が出口を失い、皮脂を餌に菌が繁殖し炎症が起きる。

このような流れで吹き出物は発生してしまいます。

 

毛穴の中で毛穴をつまらせる角栓が作られて、それが毛穴をフタをしてしまいます。

 

毛穴の中では、皮脂を分泌する腺から皮脂が分泌されますが、毛穴は角栓で塞がっていますので、皮脂が出口を失ってしまうんですね。

 

毛穴の中で溜まった皮脂を餌にアクネ菌やマラセチア菌が繁殖し、炎症を起こすことで吹き出物やニキビが発生します。

 

吹き出物やニキビには、炎症の有無や炎症の強さで段階がありますが、発生する原因はほとんどが同じメカニズムです。

 

 

吹き出物を予防するには

吹き出物 予防

ここまで、吹き出物・ニキビの8つの原因と、発生するメカニズムを勉強しました。

 

発生メカニズムから考えると、吹き出物を予防するためには角栓を作らないことと毛穴を詰まりにくくすることが大切だと言うことがわかりますね。

  • 角栓を作らない
  • できた角栓はすぐに除去する
  • 毛穴を詰まりにくくする

角栓を作らないということは、その材料となる古い角質とタンパク質を毛穴に溜めないことが重要です。

 

材料がなければ角栓は作られませんから、毛穴の中を常に綺麗に保つことが、吹き出物の予防につながります。

 

そのためにできることは、顔の場合は毛穴の中までしっかりと古い角質やタンパク質汚れを洗い流すことができる洗顔料を使うこと。

 

また、古い角質をピーリングなどであらかじめ除去しておくのも、角栓予防につながります。

 

それでも小さい毛穴、狹い毛穴、皮脂が過剰に分泌されるオイリー毛穴角栓ができやすいですが、角栓が固くなり毛穴の内でくっつき取り除きにくくなる前に、角栓を柔らかくし早めに取り除くことも大切です。

 

そして化粧水や美容液で肌の潤いをキープし、柔らかくて詰まりにくい毛穴にすることも、吹き出物予防には効果的ですね。

 

 

最後に

今回は吹き出物・ニキビが発生する原因を段階にわけて8つご紹介しました。

 

しかし、吹き出物・ニキビ発生のメカニズムを理解した上で簡単に考えると、結局のところ角栓の材料が多い、角栓が詰まりやすい環境を作らないことが、一番の予防方法だとわかりました。

  • 角栓の材料になる角質、タンパク質汚れを除去する。
  • 毛穴を柔らかく保つ。(乾燥肌の改善)

簡単に言えばこの2つのことさえ毎日の生活で実現できれば、吹き出物・ニキビ知らずの生活が実現できそうです。

 

これを実現する為の正しいスキンケア方法は、また別の記事で詳しくお伝えしていますのでよかったらそちらも御覧くださいね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。(*^_^*)

-吹き出物の原因
-, ,

Copyright© 吹き出物用化粧水トータルガイド , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.