管理人ブログ

ニキビ・吹き出物に効果はあるけど…ティーツリーオイルは副作用に注意!

投稿日:

吹き出物 ティーツリーオイル

 

海外ではニキビと吹き出物の治療にオーガニックオイルが利用されることが多いですが、中でも有名なのが『ティーツリーオイル』です。

 

ティーツリーオイルはオーストラリア産やニュージーランド産が有名で、特にオーストラリアの先住民族アボリジニは、ティーツリーの葉を砕いてケガや皮膚の治療に使っていました。

 

ティーツリーはフトモモ科の植物で、マヌカハニーで有名なマヌカは類似種で、ティーツリーと呼ばれることがありますが、薬効的にはまったく別のものです。

 

このティーツリーから精製したオイルは、幅広い細菌や真菌に強い殺菌力を発揮するので、歯周病や白癬症、カンジダ、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)にさえ殺菌効果を発揮します。

 

ティーツリーオイルの使い方

ニキビ ティーツリーオイル

ティーツリーオイルがニキビ・吹き出物に対して効果があるのは、やっぱりその殺菌効果があるからです!

 

顔ニキビのアクネ菌だけではなく、背中ニキビのマラセチア菌などにも効果があるので、全身のあらゆる場所の吹き出物に対して効果が期待できますよ♪

 

ティーツリーオイルの使い方は簡単で、オーストラリア産の100%ティーツリーオイルを入手して、吹き出物に綿棒でチョンチョンと塗るだけでOKです!

 

なぜオーストラリア産がいいのかといいますと、オーストラリアには精油の品質規格があるので、成分の質が安定しているからです。

 

また、ティーツリーに含まれるアレルギー過敏症の原因物質1,8-シネオールの含有率を低く設定しているからです。

 

ニュージーランド産は製品が安定していなくて、製品により成分の差が多いので利用するのは難しいです。

 

 

ティーツリーオイルの副作用

天然成分なのに殺菌効果が強く、昔から万能薬として使われてきたティーツリーですが、毒性があり副作用には気をつける必要があります。

 

アボリジニはティーツリーの葉を砕いて薬として使用していますが、100%の純粋なティーツリーオイルは葉を砕いた状態とは比べ物にならないほど高濃度の化学物質になっています。

 

先ほど紹介した1,8-シネオールはアレルゲンになるため、ティーツリーオイルを使うことでアレルギー性過敏症が起こった例が報告されています。

 

また、ティーツリーオイルが光酸化作用で分解された物質は、アレルギー性皮膚炎の原因になると考えられています。

 

ユーカリには毒性があることが有名ですが、ユーカリオイルと同様の毒性を示すことがあります。

 

なので、ティーツリーオイルを吹き出物に使うときは、先に問題がないか少量でパッチテストを行ったほうがいいですね。

 

パッチテストの方法

  1. ティーツリーオイルを二の腕の内側に塗ります。
  2. 24時間後に塗った場所に赤い発疹やかぶれなど、異常がないか確認します。

一応これでパッチテストは終了ですが、異常が出なくても、もう一回顔の目立ちにくい場所でもテストを行ったほうがいいでしょうね。

 

 

【まとめ】アレルギー持ちは要注意!

ティーツリーオイルは天然成分ですが、強すぎるため化学物質と同じと考えたほうがいいです。

 

そのため、皮膚が弱い方やアレルギーが起きやすい人は必ずパッチテストをして副作用に注意しながら慎重に利用したほうがいいです。

 

ニキビには本当によく効きますが、それだけ副作用も強いことを意識しておいてくださいね。

 

使う際は製品に基準が設けられて安定しているオーストラリア産を選びましょう。

 

以上、ニキビ・吹き出物とティーツリーオイルについてでした。

 

-管理人ブログ
-, ,

Copyright© 吹き出物用化粧水トータルガイド , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.